レジャー・体験

神奈川でいちご狩りするなら津久井浜観光農園!予約不要の日帰り体験スポット

津久井浜観光農園 いちご

横須賀市でいちご狩りが出来るってご存じですか?

意外と知られていないのですが、横須賀市ではいちご狩りが出来るスポットがいくつかあります。

関東のいちご狩りスポットと言えば栃木や千葉をイメージされる方も多いですが、
首都圏から電車ですぐの距離にある神奈川県横須賀でサクッといちご狩り出来たら嬉しいですよね!

というわけで、

スイーツとジャンクフードを愛すライターTTが、
横須賀市でのいちご狩りスポットと、いちご狩りの極意をお伝えします~♪

30分食べ放題いちご狩り@津久井浜観光農園

津久井浜観光農園 いちご

神奈川県横須賀市には、いちご狩りスポットがいくつかあります。

  • 津久井浜観光農園
  • 西脇農園
  • 嘉山農園 など

今回は、市内最大規模の収穫体験農園の「津久井浜観光農園」でいちご狩りをしてきました。

津久井浜観光農園体験予約はこちらから(じゃらん)

いちご狩り方法・流れ

津久井浜観光農園 案内所

津久井浜観光農園に到着したら、まずは現地案内所の受付でいちご狩りのチケットを購入します。

津久井浜観光農園 いちご狩り 受付

チケットを購入すると、いちご狩りハウスの番号が振り分けられます。

津久井浜観光農園には約30か所のいちごハウスがあり、何番のハウスが当たるかは当日のお楽しみです!

津久井浜観光農園体験予約はこちらから(じゃらん)


今回は案内所すぐ裏の16番ハウスでした。

津久井浜観光農園 ハウス

指定されたハウスについたら入り口でチケットを提示し、
練乳皿と交換して30分食べ放題がスタートです。

津久井浜観光農園 いちご
マイファーストいちごちゃん♪

16番ハウスでは「紅ほっぺ」が食べ放題でした。
10列くらいあるレーンをまわりながら、30分間好きなだけいちごを取って食べることが出来ます。

津久井浜観光農園 いちご狩り

いちご狩りを楽しむポイント

いちご狩りのポイント

津久井浜観光農園のいちご狩りは、どのハウスでも30分食べ放題です。

30分という短い時間で効率よくいちご狩りを楽しむためにはいくつかポイントがあります★

いちご狩りの極意

・ハウスの中は暑い!コートは荷物台に置いておこう(もしくは車に置いておく)

・練乳ははじめからつけちゃダメ

・いちごはヘタが付いているお尻の方から食べると美味さ増強

いちご狩りにコートは不要

いちご狩り グリーンハウス

グリーンハウスの中はとても暖かいです。
コートを着たままだと暑くて30分ハウスの中にいると気分が悪くなってしまうことも…。

コートは車に置いておくか、ハウスの入り口にある荷物置き場に置いておきましょう◎

練乳は味変に取って置く

いちご狩り 練乳

練乳をつけたいちご、甘くておいしいですよね。
たっぷりつけたいですよね。

…分かります。

でも!

いちご狩り30分勝負では練乳を序盤からつけるよりも、
後半まで取って置いて、味変させた方が沢山いちごを食べられるようになります!

そして何より、

まずは三浦半島で育った津久井浜のあま~いいちごそのものの味を、
練乳をつけずに味わってほしいです♪

農家さん直伝いちごの食べ方で甘さアップ

いちごの美味しい食べ方

いちごを食べるとき、どこからかじりつきますか?

私はついついいちごのとがっている方・先っちょから食べているのですが、
農家さん曰く、ヘタのついているお尻の方から食べた方がおいしいんだとか。

というのも、

イチゴの糖分は先っちょに集まりやすいので、
甘みの少ないお尻の方を先に食べてから、甘みがたっぷりのいちごの先端を食べた方が、最後に甘さが際立って美味しく感じるんだそうです。

いちごのヘタ

食べ放題だからと言って、いちごの先っちょばかり食べてヘタの部分を大幅に残す人もいるそうですが、
マナー違反ですし、食品ロスの観点からも良くない!

ヘタを取って、お尻から食べ進めればいちご美味しく、丸々食べることが出来ますよ◎

津久井浜観光農園体験予約はこちらから(じゃらん)

日帰り収穫体験と言えば、津久井浜観光農園

津久井浜観光農園 マップ

津久井浜観光農園は、神奈川県横須賀市津久井浜にある収穫体験ができる農園です。

季節によって、いちご・さつまいも・みかんなどを収穫することが出来、
今の季節(1月1日~5月5日)は、いちご狩りが体験できます。

三浦半島の潮風と暖かな太陽の日差しをたっぷり浴びて育ったいちごは、甘くておいしいんですよ♪

電車でのアクセス|無料送迎バスもあります

津久井浜観光農園はとてもアクセスのよい場所にあります。

最寄り駅は京急線 津久井浜駅。
横浜駅から約30分、東京の品川駅からも約1時間で到着します。

首都圏からサクッと来られる近さが津久井浜観光農園の一番のポイントです!
車がなくても果物狩り体験ができる立地はとても便利!


津久井浜駅から農園までは徒歩約20分。
いちご狩りの前に小腹を空かせるのにちょうど良い運動だと思って歩くことをおすすめします!

歩くのは疲れてしまう…という方は、
駅から無料送迎バスも出ていますので、ご安心を★

津久井浜観光農園 送迎バス 発着所

送迎バスは時刻表はなく、随時運行しています。
お客さんの多い土日はバスの回転が多いですが、
平日などはバスの出発を待つよりも歩いた方が早い…という場合もあるのでご注意ください。

車でのアクセス|無料駐車場完備

津久井浜観光農園 駐車場

津久井浜観光農園へは車で行くことも可能です。
現地案内所のすぐ前に、約60台分の無料駐車場があります。


農園までの道は一部細くなっていて、対向車とすれ違うのが大変な場所もありますので、
余裕を持った運転を心がけましょう!

料金システム|時期ごとに金額が異なる

津久井浜観光農園のいちご狩りは30分食べ放題!
料金は下記のとおりです。時期によって金額が異なります

イチゴのおいしい旬の時期から春にかけて少しずつ料金が安くなっていきます。
※3歳未満のお子様は無料

1月1日~1月7日2,000円
1月8日~2月末日1,800円
3月1日~4月5日1,600円
4月6日~5月5日1,300円
津久井浜観光農園いちご狩り 料金表

来園方法|予約なしでもOK!

津久井浜観光農園は基本、予約不要ですが、
じゃらんネットから予約も可能です!

津久井浜観光農園体験予約はこちらから(じゃらん)


予約なしでも当日、「現地案内所」にていちご狩りチケットを購入することが出来ます。

混雑状況やいちごの栽培状況によっては、営業時間よりも早く受付が終了する場合もあるので、
確実に来園したい場合は事前にネット予約をしておくか、電話(案内所046-849-5001)で受付状況を確認することをおすすめします。

店舗情報

【住  所】神奈川県横須賀市津久井5-15-20
【電話番号】046-849-5001(現案内所・開園期間中のみ有効)
【営業時間】9:00~15:00(混雑状況等により早めに終了する場合あり)
【開園期間】1月1日~5月5日
【アクセス】京急線 津久井浜駅より徒歩約20分(無料送迎バスあり。津久井浜駅より随時出発)
【URL】https://ja-yokosukahayama.or.jp/tourism/
【ご予約】津久井浜観光農園体験予約はこちらから(じゃらん)
※2022年2月現在の情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

津久井浜観光農園のいちご狩り体験まとめ

津久井浜観光農園 イチゴ狩り

毎年いちごの季節に津久井浜観光農園でいちご狩りをしていますが、
今年のいちごはいつにもまして甘くてジューシーで美味しかった!!

東京・横浜からも日帰りできる距離にある、いちご狩りスポットの津久井浜観光農園。
2月はイチゴの旬のピークですので、ぜひ一番おいしい季節にいちご狩り体験してみませんか?

さらに横須賀情報を知りたい!という方に向けて、
横須賀観光メールマガジンを配信しています。ぜひご登録ください★
ご登録はこちら